毎日のケアでくすみを改善して、若々しいお肌を手に入れましょう。

MENU

肌がくすんでしまう原因

くすみに悩む女性イメージ

「ファンデーションの色が、お肌と合わなくなってきたなぁ…。」と感じるあなたは、
お肌がくすんできた可能性があります。

 

肌がくすんでしまうと、お肌の透明感が消え、血色も悪く見えてきます。
そのために、見た目年齢が高くなってしまうのです。

 

お肌はなぜ、くすんでしまうのでしょうか?原因を探ってみましょう!

 

 

お肌がくすんでしまう原因BEST5

早い人では、20代からお肌のくすみを感じるようになります。原因を知って、くすみを改善しましょう。

 

老化

新陳代謝が衰え、古い角質がお肌の表面に残ってしまう状態です。
固くなった古い角質は、薄い茶色になるため、くすみとなって現れるのです。
新陳代謝を活発にする成長ホルモンは、夜10時から深夜2時の間に作り出されます。
この時間帯に良質の睡眠をとるようにしましょう。

 

 

紫外線

お肌は長時間、紫外線に当たることで、メラニンを生成します。
そのメラニンがお肌の表面に残り、くすんでしまうのです。
紫外線を浴びると、新陳代謝が悪くなります。日焼け止めや日傘を使って、浴びる紫外線の量を減らす工夫をしてくださいね。

 

 

汚れ

洗顔やクレンジングが、しっかりと出来ていないことで起こるくすみです。
汚れや皮脂が毛穴に詰まり、顔色を悪くしています。毎日、きちんと汚れを落とす習慣をつけましょう。

 

 

血行不良

血液の循環が悪くなると、お肌に赤みがなくなり、黒ずんで見えます。
を触ると冷たく感じる人は、要注意ですよ。血行を良くするには、入浴や顔をマッサージすると効果があります。

 

 

乾燥

乾燥により、表面を覆う角質層の水分バランスが崩れると、お肌のターンオーバーが活発になり過ぎてしまいます。
そのため、外部の刺激に弱くなってしまうのです。
乾燥はくすみだけでなく、シワの原因にもなるので、保湿を心がけましょう。

 

 

くすみは解消できる!

くすみは、毎日のケアで改善されることが多い症状です。ちょっと気をつければ、若々しいお肌を手に入れられますよ。