肌にメラニンが蓄積すると、そばかすが黒くなるので、美肌ケアが必要です。

MENU

そばかすができてしまう原因

驚く女性

目や頬の上の方に、茶色の点々はありませんか?
それは、もしかしたら「そばかす」かも知れませんよ。

 

シミとよく似ていますが、そばかすとシミは違うものなのです。
⇒ シミができてしまう原因はこちら

 

そばかすは、どのようにして出来てしまうのでしょうか?

 

 

そばかすが出来てしまう原因BEST5

気になるそばかすを改善するためにも、原因をチェックしてみましょう。

 

先天的なもの

遺伝的な要因で、そばかすが出来やすい体質というものもがあります。
思春期あたりから増えてきます。しかし、大人になるにつれ、そばかすが目立たなくなっていく傾向があります。

 

 

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、お肌の表面にある組織の生まれ変われのことを指します。
年齢を重ねると、新陳代謝の働きが落ちてくるので、ターンオーバーの乱れを引き起こしやすくなります。
このターンオーバーが乱れると、メラニンが上手く排出されなくなります。その結果、お肌に残ったメラニンが蓄積し、そばかすとなって現れてくるのです。

 

 

紫外線の影響

太陽から発せられる紫外線を多く浴びることでも、そばかすが出来やすくなります。
紫外線を浴びると、メラニンが作り出されるからです。
そばかすの予防のためには、帽子や日傘、日焼け止めなどを上手く活用しましょう。

 

 

強い刺激

洗顔やクレンジングのときに、お肌に与えてしまう強い刺激のことです。
そばかすは通常、年齢と共に薄くなってきますが、刺激を与えることでメラニンが沈着してしまいます。
そばかすが出来やすい場所は、やさしく洗うようにしてくださいね。

 

 

妊娠している時期

妊娠中はホルモンのバランスが乱れ、そばかすが出来やすい状態になります。
出産すると、そばかすは目立たなくなることが多いですが、紫外線予防など特に注意が必要な時期です。

 

 

メラニンを蓄積しない肌に!

たくさんのメラニンがお肌に沈着してしまうと、そばかすが黒くなってきます。出来てしまったそばかすのためにも、やさしい洗顔などの美肌ケアは必要ですよ。