日焼けは肌の水分を奪い、老化を進めるので、保湿することが重要です。

MENU

日焼けをしてしまった時の対処法

シミが気になる女性

 

お肌の美白を心がけていたのに、うっかりと日に焼けてしまった経験はありませんか?
日焼けは放っておくと、シミやそばかすの原因となってしまうものです。

 

今回は、日焼けをしてしまったときの対処法を伝授します。

 

 

日焼けをしてしまったときにやるべきこととは?

間違ったケアでは、美白に戻れません。日焼けの対処の仕方を、チェックしておいてください。

 

STEP1 冷やす

まずは、日に焼けてしまった場所を冷やします。タオルで包んだ保冷剤や、水シャワーが便利ですよ。
日焼けは、ヤケドした状態と言えます。火照ったところを、クールダウンさせてくださいね。

 

 

STEP2 潤す

日焼けしたあとのお肌は、乾燥しています。痛みなどの日焼けの症状がなくなったら、化粧水でお肌を潤しましょう。
このときのポイントは、タップリと化粧水を使うことです。低価格の化粧水で構いません。
コットンに化粧水を取って、やさしく馴染ませてください。

 

 

STEP3 蒸発させない

化粧水でお肌を潤しても、そのままにしておくと、水分は蒸発してしまいます。
乳液やクリームで、しっかりと保護してあげましょう。

 

 

STEP4 ビタミンCを摂る

日焼けして、大量の紫外線を浴びたお肌は、メラニンをたくさん作り出します。
そのメラニンの生成を抑制する働きを、ビタミンCには期待することが出来ます。
メラニンは、シミの原因となる成分です。積極的に摂取して、メラニンの発生を減らしましょう。
ビタミンCは、緑黄色野菜や柑橘系のフルーツに多く含まれる栄養素ですよ。

 

 

日焼けは美容の敵!しっかりとケアしよう

日焼けしてしまったお肌に、最も重要なことは保湿です。日焼けによって、お肌の水分が奪われてしまいます。
カサカサのお肌は、シワの原因にもなり、老化を進めてしまいます。日焼けのあとは、特にしっかりとケアしてくださいね。
もちろん、日に焼けないことが大切です。次回からは、紫外線対策をきっちり心がけましょう!