加齢による肌トラブルを改善するのは、適度な運動と顔のマッサージが有効です。

MENU

加齢による肌トラブル

悩みのある女性

年を重ねると、どうしてもお肌にトラブルを抱えてしまうものです。
その原因の1つは、30歳を過ぎたあたりから新陳代謝が悪くなるからです。

 

お肌の表面に老廃物が溜まってしまい、くすみなどの様々なトラブルを引きおこしてしまいます。
⇒ 肌がくすんでしまう原因

 

ほかにも、加齢が原因となる肌トラブルがあります。
どのような症状があるかをチェックしてみましょう。

 

 

加齢によって引き起こされる肌トラブルとは?

「お肌の曲がり角」と言われる25歳を過ぎたころから、徐々に現れるお肌のトラブル。
今回は、主な年齢肌トラブルを紹介します。

 

たるみ

ピンとした張りがなく、お肌が下がってしまった状態を指します。
若いころは、新陳代謝が活発に行われるため、弾力のある柔らかいお肌をキープすることが出来ます。
しかし年齢を重ねると、新陳代謝が悪くなります。そのために、ハリを保てなくなり、お肌がたるんでくるのです。

 

 

保湿力の低下

水分をお肌に保つ機能も、年齢と共に低下してしまいます。
保湿力が低下すると、顔がしぼんだ印象となり、見た目年齢を上げてしまうのです。
また、お肌の乾燥は、シワや毛穴の開きにも関係します。
中でも、お肌が薄い部分である目元や口元は、乾燥の加速を感じやすいところと言えます。

 

 

ほうれい線

年齢を最も感じさせるものが、ほうれい線でしょう。
鼻から口にかけて現れるほうれい線は、メイクでも隠すことが出来ない厄介なものです。
ほうれい線は、頬の筋肉が衰えることで出来てしまいます。
つまり、ほうれい線は、頬の脂肪が筋肉で支えきれずに、たるんできて、ほうれい線と呼ばれる溝が深くなってしまったものなのです。

 

 

年齢肌にはアンチエイジングを心がけよう!

加齢による肌トラブルを改善する方法があります。まず挙げられることが、適度な運動と顔のマッサージです。
これらは、新陳代謝の働きを向上させ、筋肉を鍛える効果があります。
また、喫煙や紫外線を避けると、お肌の老化を防げます。
顔は年齢の出やすい場所ですが、少しのことで老化するお肌を改善することが出来ますよ。