ビタミンCは、身体の中に蓄えておくことが出来ないので、毎日、積極的に摂取しましょう。

MENU

長期的に改善しよう!美白にいい食品と控えたい嗜好品

サラダを食べる女性

美白のために、化粧品や美白エステを利用している人は、必見です!
美白は、身体の外側からではなく、内側からも働きかけることが出来ますよ。
内側からの美白、つまり食事に気をつけるのです。

 

少し時間はかかりますが、長期的な視点で美白を手に入れてみませんか?
将来にわたって、美しいお肌を期待することが出来ますよ。

 

今回は、美白に効果的な食品と控えたい嗜好品を紹介します。

 

 

美白に効果的な食品とは?

美白に良いとされる栄養成分と食品をチェックしてみましょう。

 

ビタミンC

メラニンの沈着を抑えてくれる成分です。すでにあるシミを改善する働きも期待することが出来ますよ。
多く含まれる食品・・・ゴーヤ・ピーマン・パプリカ・レモンなど

 

ビタミンE

活性酸素の働きを抑えてくれる成分です。お肌の老化を防いでくれますよ。
多く含まれる食品・・・唐辛子・アーモンド・カボチャ・ゴマなど

 

ビタミンA

新陳代謝を促す効果がある栄養素です。新陳代謝が活発になってくると、お肌のターンオーバーを整えてくれるのです。
シミやそばかすの改善にピッタリでしょう。
多く含まれる食品・・・ウナギ・レバー・ニンジン・ホウレン草など

 

ビタミンCは、身体の中に蓄えておくことが出来ない栄養成分です。毎日、積極的に摂取するように心がけましょう!

 

 

美白に良くない食品とは?

次は、反対に美白にとって良くないとされる食品を見ていきましょう。

 

コーヒー・紅茶・緑茶など

これらに含まれるカフェインは、ビタミンCを壊してしまう成分です。抗酸化力が落ちてしまい、老化のスピードを早めてしまいますよ。

 

ファストフードやコンビニ弁当

脂分が多く、お肌を老化させてしまう食べ物です。揚げ物も、美白にとって良くありませんよ。

 

 

ほかにも、チョコレートやケーキなどの甘いスイーツも美白のためには控えたい食品です。
美白に良くない食品は、嗜好品に多く見られます。嗜好品の食べすぎには、注意が必要ですよ。

 

美白に良い食品を参考に、バランスの取れた食生活で美しいお肌を手に入れてくださいね。